===header.php start===
===header.php end=== ===home.php start===

北千住西口整体院ブログ

歯の痛み、もしかしたら筋肉が原因かも

ブログ画像
歯が痛いと感じて歯医者さんを受診しても
「異常なし」と言われ、困っている方、いらっしゃるかと思います。

歯が痛いと感じさせる原因の一つに
筋肉が固くなって痛みを出していることがあります。

どこの筋肉かといえば、
咬筋(ほほの下あたりについている筋肉)、側頭筋(側頭部、耳の上あたりについている筋肉)などが
該当します。

顔、頭の筋肉が固くなる場合、首、肩の筋肉も合わせてガチガチに凝り固まっていることが
多いです。

当院は頭、足などの部分的な施術でなく、
全身のバランスを整えるために全身の施術をおこないます。
そして個別の症状に合わせ施術をカスタマイズしておこないます。

歯が痛いけど、異常なしと歯医者さんに言われた方、
整体院に行くと症状が楽になるかもしれません。

=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院
日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分
TEL 03-5284-9707 「ブログを見てとお電話ください。」
受付時間 平日  10時~20時まで受付
土日祝 10時~17時まで受付
定休日 火曜日
お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

唾液力チェック ~風邪、老化予防に~

前回、唾液は風邪や肥満、肌や脳の老化の予防としても大切だとお伝えしました。
そして唾液は量だけでなく質を上げることも重要で、量と質を合わせて“唾液力”と呼んでいます。

自分の唾液力を確認してみましょう。

【唾液力チェック!】
「はい」の場合、点数を加算しよう。合計3点以上は、唾液の質が落ちている可能性があります。

<量>
1.飲料水が手放せなく、いつも持っている…1点
2.食物がパサパサして食べにくい…2点
3.口で息をしている…1点
4.いつも口がネバネバしている…1点
5.義歯が入れづらく、傷ができやすい…0.5点
6.口が渇く気がする…3点
 合計3点以上は、唾液が少ない可能性あり

<質>
7.朝食を食べないことがある…1点
8.ヨーグルトはほとんど食べない…3点
9.野菜やイモなどはほとんど食べない…3点
10.脂っこいものが好き…2点
11.買い物や銀行でお金をおろすのが面倒…1点
12.家にいることが多い…1点
13.よく便秘になる…2点

加齢とともに表れる口の渇きは、少しずつやってくるので自覚していない人がいます。
チェック項目1の「飲料水が手放せない」にチェックをした方は、口が渇いている証拠です。
チェック項目3の「口で息をしている」方は、鼻が悪い、歯並びによって口が閉じないなどが原因として考えられます。
チェック項目6の口の渇きに自覚症状がある方は、かなり唾液力が落ちていると考えていいでしょう。

花粉症や高血圧などの薬を飲んでいる方は、薬によって口が渇くことがあるというので、特に気をつけてください。

次回は唾液力を上げるにはどうしたらいいかお伝えします。


=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院
日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分
TEL 03-5284-9707 「ブログを見てとお電話ください。」
受付時間 平日  10時~20時まで受付
土日祝 10時~17時まで受付
定休日 火曜日
お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

インフルエンザ予防として唾液に注目!アンチエイジングにも


今年に入り、インフルエンザが流行り始めました。
予防接種やうがい手洗いをして、予防をされている方が多いのではないかと思われます。

予防の一つとして『唾液』も大切だと知っていますか?

近年では複数の病気のリスクが唾液からわかり、人間ドックなどで唾液検査が行われているほどです。

唾液は血液からつくられ、唾液腺から新たな物質が分泌され、再び血液中に戻ってきます。
唾液中の物質は現在わかっているだけでも100種類以上あり、細菌やウイルスにくっついて、ブロックして
くれるさまざまな抗菌物質が存在します。
その中の代表的なものは、IgAと呼ばれる免疫物質。
IgAが少ないと、風邪をひきやすかったり、感染症にかかりやすくなります。

また、本来なら口の中のIgAによって、撃退されているはずの歯周病に関係する悪玉菌が、
大腸がんの表面で活動しているのが見つかったこともあり、がんとの関係も・・・

さらに、ラクトフェリンに代表される抗酸化物質、脳の老化を抑える物質、細胞の老化を遅らせる物質など、
唾液の中には、身体を守る成分が沢山入っています。

唾液が少ないと病気だけでなく、肥満や老け顔になったり、肌の老化リスクも高くなり、アンチエイジングとしても
とても大切になってきます。

年齢とともに唾液量が減ってきますが、『量』だけでなく『質』も大切とされ、見直していく必要があります。

次回、自分の唾液力はどうか?チェック項目をお伝えさせていただきますね。

 

=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院
日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分
TEL 03-5284-9707 「ブログを見てとお電話ください。」
受付時間 平日  10時~20時まで受付
土日祝 10時~17時まで受付
定休日 火曜日
お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

冷え性対策

ブログ画像
冷え性の方は、夏はエアコンで、冬は外気の冷たさに冷えを感じたり、
一年中冷えとつきあっている心地でいるかもしれません。

体を温めるものとして生姜をとったり、靴下を何重も履いたりするなど、
冷え性対策として有名です。ただ、その場しのぎの対応ともいえます。

根本的に冷え症を改善するには、どのようにすればいいのでしょうか。
————————————————-
・筋肉トレーニングで筋肉量をあげる。
・タンパク質をとり、体が温める。
————————————————-
筋肉トレーニングをしている方で、冬薄着で過ごしている方もいますが、
筋肉(骨格筋)自体に体内の熱を作るはたらきがあります。
筋肉量あげればあげるほど、冷えを感じにくくなります。

また、タンパク質を腎臓で代謝する際、体内で発熱するのでタンパク質は
冷え性の方には有効です。

体温を上げる基本は以下の通りです。
・日頃から筋肉を鍛え、筋肉量アップする。
・寒ければ少し体を動かす。
・タンパク質を含めた食事をする。

また太っている方が温かいとは言えません。
皮下脂肪は保温の役割もありますが、冷えやすく、いったん冷えると今度は保冷材のように
なってしまいます。

根本的に冷え症を改善するには筋肉量アップ!をめざしましょう。
=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院
日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分
TEL 03-5284-9707 「ブログを見てとお電話ください。」
受付時間 平日  10時~20時まで受付
土日祝 10時~17時まで受付
定休日 火曜日
お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

土佐のおかし、頂きました!

患者様のMさんから土佐のおかし「龍馬のブーツ」を頂きました! こんがりサブレだそうで、土佐ジロー卵をたっぷり使用しているそうです。
ブーツの形してる!かわいい! どこから食べるか考えましたが、ブーツの紐のあたりから食べました。 おいしかったです。ちなみに、土佐ジローはこちら
想像より細身で精悍な顔立ちでした。 Mさんありがとうございます。
=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院

日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分

TEL 03-5284-9707 「ブログを見てとお電話ください。」

受付時間 平日  10時~20時まで受付

土日祝 10時~17時まで受付

定休日 火曜日

お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

===home.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る