===header.php start===
===header.php end=== ===single-default.php start===

北千住西口整体院ブログ

ストレッチには2種類ある?

たまに患者さんから、「ストレッチは運動する前と後どちらにしたらいいの?」

と質問されることがあります。

結論から言ってしまえば、両方やった方が良いです。

しかし、運動前と後ではストレッチのやり方が異なります。

運動前は動的ストレッチ、運動後は静的ストレッチが最適です。

なかなか聞き慣れない言葉ですが、読んで字のごとく至ってシンプルです。

動的ストレッチとは、腕や足や体幹をさまざまな方向に動かしたり、ねじったりして、関節を動かしながら筋肉を伸ばす方法、静的ストレッチとは、筋肉を関節可動域の限界までゆっくり引き伸ばし、数秒~数十秒キープさせる方法です。

動的ストレッチの代表的なのがラジオ体操、と言えば解りやすいかと思います。

当院では、肩こりや腰痛などの症状別に効くストレッチもお伝えしています。

特に肩甲骨や骨盤など、日常生活ではあまり動かさない部位を意識して行うストレッチは効果的です。

また筋肉が固くなり過ぎてしまうと、痛みが伴ってうまく動的ストレッチが出来ない場合があるので、そういう時は先に静的ストレッチを行って、ある程度リラックス状態にしてから動的ストレッチを行うとより効果です。

中には運動が苦手と言う方もいるかと思いますが、日常生活が運動という捉え方をすれば別に運動をしなくてもストレッチすることは可能です。

朝目覚めて行動を起こす前に動的ストレッチをして、夜眠りにつく前に静的ストレッチを行えばよいのですから。

そういう意味では、朝のラジオ体操とはとても理にかなった行い、だということが解りますね。


 

===comments.php start===

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

===comments.php end===
===single-default.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る