===header.php start===
===header.php end=== ===home.php start===

北千住西口整体院ブログ

成長記録:大抵のものに対して「電車!」と言う

小椋です。
私の息子がそろそろ2歳になろうとしており、
言葉の急激な発達にビックリする毎日です。
なにか早口でしゃべっているのですが、まったく聞き取れない
チュクチュクチュクチュク
鳥のさえずりのように声を発しています。

1歳6ヶ月のときに検診時に聞かれた
「なにか意味のある言葉を話していますか?」という質問に対して、
その時はなしだったのですが、
2歳に近づくにつれ、
「おいしい」「あつい」「うまっ!」と言い始め、
好きなのりものの本を見て大抵のものに「でんしゃ!」と言っています。

本読みながら「でんしゃ!」といって息子が指さしたときに
「電車だね」とか答えています。
電車にも特急列車、新幹線、地下鉄という種類はあるし、
それぞれ「はやぶさ」とか「ドクターイエロー」「東西線」と名前があるわけで、
それも追加で答える時もありますが、
あんまり言い過ぎると鉄道マニアに育つかもしれない・・・。

いまは乗り物好きですけど、しばらくしたら戦隊シリーズなどに趣味が変わっていくかもしれません。

=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院
日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分
TEL 03-5284-9707 「ブログを見てとお電話ください。」
受付時間 平日  10時~20時まで受付
土日祝 10時~17時まで受付
お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

 

巻き爪は歩き方が原因かも?


夏の暑さがようやく落ち着き、涼しくなってきましたね。
サンダルからスニーカー、パンプスへと移行される方も多くなってきた頃ではないでしょうか。

そこで放置しがちなのが足の爪です。
足の重心がかかることもあって、とても負担がかかるパーツです。
それゆえ、爪が変形したり、割れてしまったり・・・。
なかでも巻き爪で悩んでいる人はとても多いです。

巻き爪とは爪の両端が皮膚に食い込むように丸まり、
ひどいと炎症を起こして歩くたびに痛みを伴うこともあります。
さらに膿がたまってしまうと臭いも発生してしまいます。

こうなってしまうと、なかなか人の家で裸足にはなれないですよね。

実際は歩き方や靴で爪は悲鳴をあげています!

巻き爪の原因は「深爪」という説もありますが、実は一番の原因は 『歩き方』 にあります。
特に女性はハイヒールを履く機会が多いため、通常の何倍もの力がかかっていて、
歩き方も爪も歪んでしまいます。
また爪先が尖って狭くなっている靴も足には負担が大きいです。
靴と指との間に隙間が無くなり、どんどん圧迫してしまうのです。

また歩くときに爪先で地面を蹴りますが、親指が外側に傾いていたり、
内側に傾いていたりすると爪の端に圧力が加わり、巻き爪の原因になります。

正しい歩き方は、親指に均等に圧力が加わるように、爪先をまっすぐ蹴り込んで歩くのがポイント。
ひざが前を向くように意識するだけでも効果的です。

ただ骨盤の歪みによりお尻の筋肉や股関節が固くなり、以下のような歩き方になりがちです。
・がに股
・内股
・足の外側に重心がある
・指が浮いてしまう

歪んだ姿勢で歩くと、歩く時や立っている時に使う筋肉がうまく使えずに、
足の裏や指先に負担が増えます。
この負担が毎日積み重なって、足のトラブルが悪化していくのです。

靴が外側ばかり擦り減っている場合、親指に力が入っていないということになります。
一度チェックしてみてくださいね。

=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院
日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分
TEL 03-5284-9707

健康のための三要素


健康のために必要な三要素としてよく挙げられるのが、

① バランスのとれた栄養

② 適度な運動

③ 質の良い睡眠

です。

この一つでも疎かにしてしまうと、結局三つ共うまくいかなくなります。

たとえば、極度の運動不足に陥ると自律神経が乱れ、眠りが浅くなってしまいます。

また、栄養の吸収も不十分になり、免疫力が衰えたり肥満になったりして、健康に害を及ぼします。

この健康のための三要素をうまく機能させて、ストレスのない生活を獲得しましょう。

そのためには、自分がこの三要素の中で何が一番ネックになっているのか把握して、それを改善する工夫が必要です。

たとえば、眠りが浅くて困っている方でしたら、

① 寝具を寝返りしやすいものに取り換える (敷布団が硬かったり、枕が高いと寝返りが打ちにくい)

② 睡眠の2時間前にはお風呂から上がり、体を温めておく (体を温めておくと、副交感神経が作用し眠りやすい)

③ 睡眠の1時間前にはテレビやスマホ等の液晶画面を見ず、本を読んだり音楽を聴いたりしてリラックスする

などを取り入れると、眠りが改善されるかもしれません。

また、運動不足が気になる方でしたら、

① 通勤の行きか帰りに、一駅分歩く

② エスカレーターを使わずに階段を使う

等もお勧めです。

あるアメリカの機関の調査によると、ポケモンGOをやり続けると、やらない人よりも41日長生きできるそうです。

何故かというと、ポケモンGOをやっている人の方が、1日平均1,500歩多く歩くからとのこと。

たった1日1,500歩でも一生に換算すれば膨大な運動量ですからね。

とにかく、健康のための三要素をスムーズに機能させ、ストレスフリーな生活で医者いらずの体を手に入れたいものです。

=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院
日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分
TEL 03-5284-9707 「ブログを見てとお電話ください。」
受付時間 平日  10時~20時まで受付
土日祝 10時~17時まで受付
お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

ぽっこりお腹の原因は?


 

お腹の張りが気になる、スカートやズボンがきつくなった。
特に食べ過ぎたわけではないのに・・・
こんな経験一度はありますよね。

この様な時は胃の中で空気が溜まっている状態で
起こっていることがほとんどです。

そこで胃の中に空気を溜める習慣についてお伝えします。

1. ガムをよく噛む

ガムにはソルビトールという甘みや清涼感を出す成分が含まれていますが
これらがお腹にガスを溜める原因となるので噛みすぎるとお腹に張りを作ってしまいます。

2. あまり噛まないで食べる

急いで食べると食事の際に空気も飲み込みお腹を張らせる原因にもなり
胃で消化する際にガスも多く発生させるので、この様な習慣も
見直す必要がありそうです。

3. ストローを使って飲む

こちらも同じくストローで吸い込む際に空気も多く取り込んでいる
場合があります。

4. 寝ている時のいびき

朝起きてすぐに胃に張りを感じている状態だと寝ている時に
いびきをかき口呼吸をしているのかもしれません。

5. ストレスが多い

ストレスは、消化器系のガスを作ったり、張らせたり体に影響を与えます。 毎日忙しくしている人、デスクの前で早く食べる人、トイレを我慢する、不安な気持ちで呼吸が落ち着いてできないなど、すべてお腹の膨れに関係します。

これらは主に普段の生活習慣からの原因ですが
姿勢が関係する原因もあります。
腰の反りが強く骨盤が前に傾くと骨盤で腸などの内臓を
上手く収納できずに前にせり出してしまいます。

この様な場合からくる、ぽっこりお腹は
腰や骨盤まわりをほぐし、普段の姿勢を意識するだけでも
改善が可能です。

生活習慣からか姿勢からなのか気になった方は
お気軽にご相談ください。

=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院
日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分
TEL 03-5284-9707 「ブログを見てとお電話ください。」
受付時間 平日  10時~20時まで受付
土日祝 10時~17時まで受付
お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

気圧の変化による体調不良

例年以上に台風が多い今年、
「気圧差」で体調が悪いという方も少なくないと思います。
雨の日に決まって古傷が痛んだり、頭が痛くなったり・・・。
主な症状としては、膝や腰の痛み、偏頭痛、首のコリ、めまい、関節リウマチなどが挙げられます。

これらの原因は、気圧の変化にあると考えられています。
体の平衡感覚を司る三半規官などが集まる『内耳』には、気圧変化を察知する“センサー”の役割を持つ細胞があります。
この細胞が敏感にはたらく人は、気圧変化によるストレスが大きくなり、
交感神経が活性化したり、全身の血流が悪くなるなどして、体調不良が発症しやすくなるのです。

■ストレスは体を硬直させます。このストレスが、凝り→痛みへと変わってきます。

■交感神経とは日中活動するために働く神経で、夜にはリラックスする副交感神経に切替わります。切替わりが上手く出来ないと、夜も寝ていても1日中ずっと体が活性している状態で休まりません。過労による体調不良が起きます。

■血流が悪くなると栄養が全身に行き届かず、内臓疾患になりえます。また酸素も行き届かず、体も固くなり凝りが発生します。凝りを放置すると痛みになります。

この気圧差については、明確な対処法が存在しないのですが・・・

スマホやPC画面を長時間見るなどして首まわりの筋肉が凝っていると、気圧変化に反応する『内耳』の血行が悪くなってしまいます。
そこに気圧の変化が加わることで体がより敏感に反応してしまいます。
首のマッサージやストレッチで解すと症状が軽減されることもあるので、おススメです。


=========================================================================
【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院
日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン
北千住西口駅より徒歩4分
TEL 03-5284-9707 「ブログを見てとお電話ください。」
受付時間 平日  10時~20時まで受付
土日祝 10時~17時まで受付
お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

===home.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る