===header.php start===
===header.php end=== ===single-default.php start===

こんな症状の方が来院されています

冷え性

どんな症状

  • 体が温かくても、手足が冷えやすい。
  • 暖房やお風呂で温めても、なかなか体が温まらない。
  • 手足の冷えが気になって眠れない。
  • 冬になるとしもやけになりやすい。

なぜ冷え性になるのか

  • 全身の血流が悪く、手や足の末端まで血液が行きわたりづらい。
  • 首や肩のコリがひどく、手先までの血流が制限される。
  • 腰やお尻、ももの筋肉が緊張で硬くなり、足先までの血流が制限される。
  • ストレスなどにより自律神経が緊張に偏りすぎ、全身の血流が悪くなる。

血流が悪くなるのはなぜか

  • 運動不足。
  • 長時間のデスクワークや立ちっぱなしの仕事など、同じ姿勢を続けるため。
  • 生活習慣により、体によく動かす場所と全く動かさない場所ができて、運動していても 動かさない場所は動いていないため。
  • 歩く時間を作っても、普段体が固まっているため体が大きく動かず、運動効率が悪い。
  • 強すぎる冷房や暖房の環境のため、体の体温調節がしづらくなってくる。
  • 冷房や暖房により、室内外での温度差が大きく、自律神経が混乱してバランスを崩す。

どうすればよいか

  • 普段動かさないところを中心に、体をよく動かして筋肉を柔らかくし、血流をよくする。
  • リラックスできる時間を増やして、自律神経のバランスを整える。

北千住西口整体院でできることは

  • 硬くなって血流を制限している筋肉を中心に、全身の筋肉を緩めて血流をよくする。
  • 動きの悪くなっている関節に動きをつけ、自分でも動かしやすくする。
  • 施術により、自律神経のリラックス神経(副交感神経)を働きやすくし、過剰な緊張 状態(交感神経優位)を抑制し、徐々に両者のバランスを整えていく。
  • 背骨や骨盤のバランスを整え、血流がよくなりやすい姿勢を身につけるトレーニングしていく。
  • 現在の生活習慣に合わせて、続けられそうな体操を選んで生活に取り入れる。
===single-default.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る