===header.php start===
===header.php end=== ===single-default.php start===

こんな症状の方が来院されています

手のしびれ

よくある症状は

  • 親指、人差し指、中指にピリピリした感覚がある。
  • 薬指、小指がジンジンしている。
  • 肩の先から二の腕がビリビリする。
  • 肩から指先まで片腕全体の感覚が鈍く、動かしづらくなる。
  • 普段は気付かないが、何かに触れると指先がビリビリしているのに気付く。
  • 過去に頚椎ヘルニアと診断され、治療により痛みは消えたが手のしびれが残る。

どんな時に

  • 前かがみで長時間仕事をしている時。
  • PC作業が長くなってきた時。
  • 慢性的だが、特に冬など寒い時に症状が強くなる。
  • 肩こりがひどい時。

病院では

  • 手根管症候群、胸郭出口症候群、肘部管症候群などと診断され、通院するが改善しない。
  • 痛み止めの注射や手術をすすめられるが、できれば別の方法で改善したい。

なぜしびれるのか

  • 手の神経には、手に脳からの命令を伝える運動神経と、手から脳へ情報を伝える 感覚神経がある。
  • この神経は、脳から背骨の中を通って、首の付け根から左右に分かれ、それぞれ 肩口の鎖骨の脇を通ってから、細かく枝分かれしつつ肩、肘を通って指先までつながっている。
  • この走行部分のどこかで神経が挟まれたり、狭いところを通るために圧迫されたり すると、命令、情報の伝達がうまくいかなくなり、しびれがでる。
  • 圧迫がおこりやすい場所は、首、肩口、肘、手首など。
  • 血流が悪く、硬くなった筋肉や靭帯が神経を圧迫することが多い。

なぜ神経が圧迫されるか

  • 長時間の前かがみ姿勢により、肩口の筋肉が縮んで硬くなり、神経の通り道を狭める。
  • PC作業や精密機械の取り扱い、美容師など、手や指先の細かい作業で手首の 負担が増して炎症し、神経が圧迫される。
  • 過剰なストレスにより肩こりが悪化し、首から肩口まで筋肉が緊張して硬くなり、 神経を圧迫する。

どうすればよいか

  • 圧迫の原因になっている場所の筋肉を緩め、神経を解放する。
  • 圧迫の原因になっている場所の関節をよく動かす習慣をつける。

北千住西口整体院でできることは

  • 首、肩口、二の腕、肘、手首などから神経の圧迫をおこしている場所を探し、 原因となっている筋肉をしっかり緩めて神経を解放する。
  • 自分で動かしづらくなった関節に動きをつけ、自分でも動かしやすくする。
  • 原因を作ってしまう生活習慣をみつけ、改善できる点を考える。
  • 神経を圧迫しにくい姿勢をトレーニングにより身につけていく。
  • 硬くなりやすい筋肉を緩めておくための体操を習慣づける。
===single-default.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る