===header.php start===
===header.php end=== ===single-default.php start===

こんな症状の方が来院されています

膝の痛み

どんな症状

  • 座っていて立ち上がる時に膝が痛い。
  • 階段の上り下りで膝が痛い。
  • 過去に膝の靭帯を伸ばしたことがあり、疲れるとそこが痛む。
  • 長く歩いていると膝が痛い。
  • 腰痛がひどくなると膝も痛くなる。
  • 膝に何か挟まったような違和感が続く。

病院では

  • 骨や靭帯には異常がない。
  • 運動不足だといわれた。
  • 湿布やサポーターをするようにいわれた。
  • ヒアルロン酸の注射を勧められた。

骨や靭帯に異常がないのに、なぜ膝が痛くなるか

  • 膝の曲げ伸ばしで使われる、ももの表側の筋肉「大腿四頭筋」や、裏側の筋肉 「大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋」等が緊張して硬くなり、膝の痛みを出していることが多い。
  • 長時間座りっぱなしなど、腰に負担をかけることで、腰、股関節の筋肉が固まり それを補うために膝関節に負担が集中してくることもある。

なぜももの筋肉が硬くなるのか

  • 座り仕事が長くて歩く時間が少なく、筋肉が適度に動かされていない。
  • 立ち仕事でいつも片側に体重をかけるクセがあり、片足に負荷がかかりすぎている。
  • 体が前傾する姿勢がクセになっていて、常にももの裏がはっている。
  • 膝のお皿が内側向きで、膝を伸ばし過ぎるクセがあり、常にももの筋肉を引っ張った状態 になっている。(O脚の状態)
  • 歩き方が片足にばかり体重をかけていたり、歩幅が小さく、足を高く上げていなかったりして しっかり筋肉と関節が動かされていない。

どうすればよいか

  • 硬くなった筋肉をよく動かして緩める。
  • 問題になっている普段のクセを改善し、膝やももの筋肉に負担をかけない姿勢や歩き方を身につける。

過去にケガをしたところが痛む場合はどうすればよいか

  • 外傷自体は治っていても、一度伸びた靭帯は完全に元通りにはならないので 関節が不安定になり、周りの筋肉に負担がかかりやすくなり、それをかばっていると 逆の膝が痛くなる、ということもある。
  • ももの筋力をつけることで、膝関節を安定させ、定期的に筋肉の緊張をとるケアを することで、痛みの予防をしていく。

変形性膝関節症と言われた場合はどうすればよいか

  • 変形してしまったものは元には戻せないので、今以上に進行させないために 姿勢や歩き方を変えるトレーニングや、筋肉の負担を減らすケアをしていく。

北千住西口整体院でできることは

  • 硬くなって痛みの原因になっている筋肉を探して、緊張を緩めていく。
  • 膝関節のスムーズな動きを改善させるため、足首、股関節、腰の関節など全身のバランスを整える。
  • 原因を作っている立ち方、座り方、歩き方などのクセをみつけ、改善するトレーニングをしていく。
  • 自宅でできる予防体操も取り入れ、長期的なケアをしていく。
===single-default.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る