===header.php start===
===header.php end=== ===single-default.php start===

こんな症状の方が来院されています

O脚

O脚とは

  • まっすぐ立ったときに、膝と膝の間に隙間ができてしまう脚のこと。
  • 女性に多く、見た目によくないとされるため、直したいと思っている方が多い。

O脚の見た目以外の問題は?

  • 腰痛、脚の付け根の痛み、膝の痛み、脚の冷え、むくみなどの原因になる。
  • O脚の場合、骨盤も前傾していることが多く、背骨のカーブ全体がきつくなる。
  • 将来的に変形性膝関節症になってしまうリスクが高い。
  • 股関節を大きく使って歩けないので、普通に歩いても運動効率が悪い。

O脚の脚はどうなっているのか

  • ももの骨(大腿骨)が股関節のところで内側に回旋するクセにより、膝のお皿が内側を向いている。
  • そこから膝を後方につっぱることにより、さらに膝と膝の間の隙間が広がる。
  • ほとんどの場合、骨盤は前傾し、そのうえに乗る背骨のカーブも強くなる。
  • 親指にはほとんど体重が乗らず、小指側にばかり体重が乗っている。

なぜO脚になるのか

  • 子供の頃から内股がよいと思っていたため、そのクセがついてしまう。
  • 床に座るときにあぐらはかかず、横座りや、正座で膝から下を外にずらした座り方 (とんび座り)をよくしてしまう。
  • ハイヒールを履くことが多く、かかとが上がるために全身が前傾し、腰から上を 反らすことでバランスをとる、反り腰によって骨盤が前傾する。
  • ももが内向き、骨盤前傾という姿勢がクセになることで、ももを外に向ける筋肉で あるお尻の筋力や、骨盤の前傾を抑えるための腹圧が衰えてしまう。

どうすればよいか

  • O脚の原因になっている体の使い方や生活習慣を改善する。
  • お尻の筋肉や内ももの筋肉を緩め、股関節を柔らかくももを外に向けられるようにする。
  • お尻の筋力と内ももの筋力をつけ、O脚でない状態を自然にキープできるようにする。

北千住西口整体院でできることは

  • お尻やももを中心に、腰、脚などの筋肉もトリガーポイントセラピーによって緩め、 股関節や骨盤を動かしやすくする。
  • 自分では動かしづらい方向や角度まで、関節を大きくゆっくり動かして、関節内の 液体の循環をよくし、動かしやすくする。
  • O脚の度合いや、どれくらい時間をとれるかに合わせてO脚を改善する体操を選び、続けていただく。
  • 股関節の動かしやすさ、お尻や内ももの筋力の増え具合、体操をどれくらいできているかなど、 随時チェックし、体操メニューを調整していく。
  • ある程度改善してきたら、上半身も含めた全身の姿勢改善、歩き方の改善をトレーニングし、 O脚にならない生活習慣に慣れていく。
===single-default.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る