===header.php start===
===header.php end=== ===single-default.php start===

こんな症状の方が来院されています

眼精疲労・目の奥の痛み

どんな症状

  • 目や目の周りの筋肉が疲れる。
  • 目の奥の方が重い、痛い。
  • まぶたや目の下がけいれんする。
  • 目が乾き、目薬が手放せない。

どんな時に

  • PC作業が長時間続いた時。
  • 長距離を運転した時。
  • 残業や睡眠不足が続いた時。

なぜそうなるのか

  • PC作業や夜型の生活で目を酷使し、休める時間が足りない。
  • まばたきの回数が減り、涙が不足することで目が乾燥して疲労する。(ドライアイ)
  • 視力低下により、見えづらいものに無理にピントを合わせようとして疲労する。
  • ストレスにより自律神経の交感神経が過剰に働き、目のまわりの筋肉が緊張 したり涙の分泌量が減ったりする。

どうすればよいか

  • 作業の合間に休憩を入れ、目をつぶったり遠くのものをぼんやり眺めたりする
  • 目のまわりの筋肉を動かしたり温めたりして緩める
  • 寝る直前までテレビやPC、携帯電話の画面を見たりするのを控える
  • リラックスできる時間を増やし、普段から緊張状態を長く続けないようにする

北千住西口整体院でできることは

  • 目の周囲の筋肉を含め、顔や頭部、首の筋肉をトリガーポイントセラピーや ストレッチにより緩めて血流を改善させる。
  • 施術により、自律神経のリラックス神経(副交感神経)を働きやすくし、過剰な緊張 状態(交感神経優位)を抑制し、徐々に両者のバランスを整えていく。
  • 目のまわりの筋肉を緩めてリフレッシュできる、簡単な体操を取り入れ、疲労を溜め 込まない習慣を身につけていく。
===single-default.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る