===header.php start===
===header.php end=== ===single-default.php start===

こんな症状の方が来院されています

緊張型頭痛

どんな症状

  • こめかみがズキズキ痛む。
  • 後頭部が重くなる。
  • 頭のまわりを締め付けられるように痛む。

どんな時に

  • 首や肩のコリがひどくなったとき。
  • 長時間デスクワークや車の運転をしたとき。

なぜそうなるのか

首や肩のコリがひどくなる。(過度な筋緊張状態)

心臓から首を通って頭部に向かう血管が圧迫されて血流が悪くなる。

頭部への血流が不足し、細胞が酸欠状態になる。

そのまま放っておくと危険なため、体は「血液を供給して欲しい」というサインを頭部の痛みとして出す。

この痛みによるサインが緊張型頭痛の正体である。

では、なぜ首や肩がこるのか

  • デスクワークや運転での猫背姿勢が長時間続いて筋肉が固まる。
  • PC作業による目の疲れ、長時間労働、時間に追われる、などのストレスにより、自律神経が緊張に偏りすぎてしまう。
  • 首を後ろに反らしたり、腕を肩より上に上げたり後ろに引いたりする動きをすることが少なすぎる。

どうすればよいか

  • 固まった筋肉を緩めて血流を改善させる。
  • リラックスできる時間を増やし、自律神経のはたらきを整える。
  • いつも動かしていない方向に首や肩を動かす習慣をつける。

北千住西口整体院でできることは

  • トリガーポントセラピーにより、首、肩、頭部、顔などにある筋肉の硬結を見つけて解放し、血流を改善する。
  • 動きの悪くなっている関節に動きをつけ、自分でも動かしやすくする。
  • 上記の施術により、自律神経のリラックス神経(副交感神経)を働きやすくし、過剰な緊張状態(交感神経優位)を抑制し、徐々に両者のバランスを整えていく。
  • 首や肩に負担をかけない姿勢のトレーニングと、簡単で効果的な体操を取り入れ、頭痛の出にくい生活習慣を身につけていく。
===single-default.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る