===header.php start===
===header.php end=== ===single-default.php start===

こんな症状の方が来院されています

頭痛(片頭痛 偏頭痛 緊張性頭痛)

大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院では2011年10月に開院して以来、
延べ2万人を超える人々の症状と向き合ってまいりました。

スマートフォンの普及やデスクワークなど近年は首や目に負担をかける機会が増えてきています。
長時間の同じ姿勢、パソコンやスマートフォンの小さな字を見ていると
肩こりや首のこりを強くし血流を悪くして頭痛を誘発させる状態となります。

15歳以上の日本人のうち、3人に一人は頭痛もちであり3000万人以上の
人々が頭痛に悩まされています。

当院でも肩こり、首のこり等が原因の頭痛で来院されている方も非常に多く
施術を受けて頭痛の頻度が減ったり、改善されたケースもあり
そのような症状の人に喜ばれています。

あなたもこのような症状でお悩みではないでしょうか?

  • 頭痛薬が手放せない
  • 頭痛で吐き気や目まいがする
  • 頭を少し動かすだけでもガンガンして辛い
  • 季節の変わり目や気圧の変化で頭痛が起きる
  • 週末、仕事終わりに近づくと頭が痛くなる
  • 頭が締め付けられように痛い
  • 寝起きの状態で頭痛がある

頭痛の原因は?

1.風邪を引いている

風邪を引いている時に出る頭痛は喉の痛みや鼻水も伴うので、それ以外で頭痛が続く場合は
肩こりや首のこりなど他の原因が考えられます。

2.睡眠不足やストレスがある

睡眠不足が続いたり眠りの質が悪いと寝ている間、呼吸が浅くなり正常に酸素が脳に行き届かないため
寝起きで頭痛が起きたり疲れがとれず常に緊張させた状態となり頭痛を引き起す原因となります。

3.猫背の姿勢で長時間のパソコン作業

頭の重さは成人で体重の約10%ほどになります。
大体60キロの人だと5~6キロほどの重さとなります。

良い姿勢で頭を支えていても5~6キロの負担が
かかりますが姿勢が悪いと、さらに首、肩にかかる重みが
増します。

アメリカの脊椎専門クリニックのケネン・ハンスラージ先生の研究によると
頭を前に傾ける角度により首、肩にかける重みが増すことが判明されています。

(頭の重みが約5キロ程の場合)
15度で12キロ、30度で18キロ
45度で22キロ、60度で27キロ

このように姿勢が悪い状態での長時間のパソコン作業により
首肩の筋肉が疲労を起こし強い懲りを作り頭痛を誘発させます。

当院ではこのようにして頭痛をよくしていきます

凝り固まった筋肉は固まった場所だけでなく、その他の部位にも痛みを飛ばす性質があります。
これをトリガーポイントと呼びますが、当院ではトリガーポイント療法をもちいて
固まった筋肉を緩め神経の流れもよくして頭痛を緩和させます。

下の写真はトリガーポイントの疼痛パターンをいくつか例にあげています。
黒い✖が凝っている部分で、そのコリが強くなると赤い部分へ痛みを発生させます。

首や肩の筋肉が頭への痛みの原因となることも多くこれらを的確にゆるめることで
頭痛の症状を抑えます。
筋肉を緩めるだけでなく骨格の歪みや神経の流れも悪くなっているので全体をとおし
調整することにより再発予防もしていきます。

ただ首肩まわり周辺だけを緩めても改善されないことも多く
自覚症状はなくても骨盤の歪みが原因であったり足元から歪みが出ていて
上半身まで影響を及ぼしていることがほとんどなので
当院では普段の座り方や家や職場でできる簡単なストレッチなども
お伝えします。

頭痛は非常に辛く我慢しにくい症状ですので無理をなさらず慢性化させないよう
早めのケアをお勧めします。

==============================================

【北千住の整体】大川カイロプラクティックセンター北千住西口整体院

日比谷線、千代田線、つくばエクスプレス線、常磐線、東武スカイツリーライン

北千住西口駅より徒歩4分

TEL 03-5284-9707 「ホームページを見てとお電話ください。」

受付時間 平日  10時~20時まで受付

土日祝 10時~17時まで受付

お問い合わせフォーム は24時間、受付しております

===single-default.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end======footer.php start===
スマートフォン用サイトを見る