症状別の解説

頭・首

片頭痛(偏頭痛)

どんな症状

  • 頭の片側がズキンズキンと脈打つように激しく痛む(両側のこともある)。
  • 痛みは数時間~3日間位続く。
  • 光が眩しく、音が騒がしく感じる。
  • 吐き気がして、実際に吐いてしまうこともある。
  • 運動すると痛みが増すので寝込んでしまうことも。

どんな時に

  • しばらく忙しいことが続いた後の休日。
  • 気分が落ち込んだり、精神的に不安定になったりした翌日~翌々日。
  • 目の前が半分白くなったり、ギザギザの光が見えたりしたすぐ後。

なぜそうなるのか

しばらく緊張状態が続いて頭部の血管が縮んで細くなっている。

何かのきっかけで血管が急に広がり、一気に血流がよくなる。

広がった血管がまわりの組織を圧迫したり、炎症を起こしたりして痛みが出る。

痛みを抑えるにはどうすればよいか

  • できれば横になって1時間程度仮眠する。
  • 保冷剤などで首や頭を10分程度冷やして、血管の拡張を抑える。
  • 休めない時は、無理せず早めに痛み止めを服用する。

予防するにはどうすればよいか

  • リラックスできる時間を増やし、普段から緊張状態を長く続けないようにする。
  • なるべく規則正しい食事、睡眠を心がける。
  • 適度に体を動かす習慣をつける。

北千住西口整体院でできることは

  • 施術により、自律神経のリラックス神経(副交感神経)を働きやすくし、過剰な 緊張状態(交感神経優位)を抑制し、徐々に両者のバランスを整えていく。
  • 普段から緊張している時間が長く、首や肩を中心に血流が悪く、こっていることが 多いため、その不快感を軽減することでストレスを抑える。
  • 首や肩に負担をかけない姿勢のトレーニングと、簡単で効果的な体操を取り入れ、 頭痛の出にくい生活習慣を身につけていく。

詳しい説明については、お電話かフォームより、お気軽にご相談ください。

実際の症例報告を見る。


mainColBottom
営業時間のご案内 平日10?20時 土日・祝日10?16時メールでのご予約はこちらをクリック!

どんな症状でお悩みですか?

症状別に施術方法を紹介

頭・首

  • 緊張型頭痛
  • 片頭痛(偏頭痛)
  • 眼精疲労・目の奥の痛み
  • アゴの痛み・顎関節の異常

肩・腕

  • 肩こり・首こり
  • 四十肩・五十肩
  • 手のしびれ

腰・脚

  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • O脚
  • 膝の痛み

全体・その他

  • 冷え性
  • 不眠
  • 慢性疲労
  • 体の歪み
  • 自律神経の異常
  • 妊娠中の腰痛・肩こり
  • 産後の体調不良・骨盤の違和感
menu_nayamiBottom
北千住西口整体院ブログ 施術の流れ よくある質問 子育てママへ 症例報告
HOME初めての方へスタッフ紹介店内紹介施術の流れ料金表症例別の解説症例報告よくある質問子育てママへ