症状別の解説

腰・脚

腰痛

よくある症状は

  • 慢性的に腰が重い、だるい。
  • 座っていて立ち上がる時に腰が鈍く痛む。
  • 朝起きたときに腰が硬く、動き始めが痛い。
  • 前かがみになると腰が痛い。
  • 仰向けで寝ると腰が浮いて、横向きの方がラク。
  • 硬いイスは大丈夫だが、柔らかいソファーに座っていると腰が痛くなる。
  • 腰が痛いと、お尻やももにも痛みや重さ、だるさがでる。
  • 腰が痛いとき、同時に脚の冷えやむくみも感じることが多い。

病院では

  • 椎間板が薄くなり、骨と骨の間が狭くなっているといわれた。
  • 椎間板ヘルニアで、治したいなら手術だといわれたが、手術はなるべくしたくない。
  • 過去に椎間板ヘルニアの手術をして改善したが、最近また痛くなった。

なぜ痛くなるか

  • 長時間同じ姿勢でいると、筋肉は動かされないので血行不良になる。
  • 血行不良になった筋肉は硬くなり、伸び縮みしづらくなる。
  • そのため筋肉が部分的に縮んでクセになり、さらに血行不良が進行する。
  • そのままでは細胞に酸素や栄養が不足してしまい危険なため、それを知らせるサインがでる。
  • そのサインが痛みやだるさ、重さなどの不快感である。

動きによるもの

  • 腰を丸める前かがみ姿勢を繰り返すと、腰の筋肉が部分的に疲労し、血行不良を促進する。
  • 腰を丸めて重いものを持ち上げる動きは、さらに腰の筋肉の負担が大きい。

立ち姿勢によるもの

  • 普通に立っているときに腹筋を使わず、腰に負担をかける姿勢がクセになっている。
  • 左右どちらかに重心を置くクセが強いと、負担が一点に集中するので、片側の腰に症状がでやすい。

座り姿勢によるもの

  • 背中を丸めて座ると腹筋が縮んで腰の筋肉は引っ張られて固まりやすい。座面の柔らかいソファーだと、沈み込む分、腰の丸まりがさらに強くなり、負担が大きい。

ストレスによるもの

  • ストレスが強いと、自律神経も筋肉を緊張させるので、より症状が強くなる。
  • ストレスによって寝ている間も緊張して力が抜けないことが続くと、朝起きても疲れが 取れず、腰も固まってしまう。

どうすればよいか

  • 硬くなっている筋肉を緩めて伸び縮みできるようにする。
  • 普段と逆の方向に体を動かすことを習慣づけてバランスをとる。
  • リラックスして力が抜ける時間を作って、疲労を溜め込まないようにする。

北千住西口整体院でできることは

  • 背中,腰,腹部,お尻,足など腰の筋肉の動きを制限している部分の筋肉を緩め、血流を改善させていく。
  • 動きの悪くなっている背骨や股関節に動きをつけ、背骨と骨盤のバランスを整える。
  • 腹筋やお尻、ももの筋肉を使った立ち方をトレーニングし、腰の負担を減らす姿勢を身につける。
  • 腰痛の原因になっている動作やクセ、生活習慣を理解し、できるところは改善していく。
  • 定期的に腰を動かす体操を習慣づけ、痛くなったときにある程度自分でも対処できるようにする。

詳しい説明については、お電話かフォームより、お気軽にご相談ください。

実際の症例報告を見る。(ギックリ腰)

実際の症例報告を見る。(坐骨神経痛)

実際の症例報告を見る。(慢性腰痛)

坐骨神経痛

よくある症状は

  • 左右片側のお尻から足先にかけて、痛みやしびれがある。
  • 腰痛がひどくなると、お尻やももの外側まで重だるくなる。
  • 気が付くと片脚を引きずるように歩いている。
  • 脚がだるく、叩いたり押したりしたくなる。
  • お尻から足のあたりが冷たく、感覚が鈍ることがある。
  • 脚を切り離してしまいたいような不快感に襲われる。

どんな時に

  • 長時間座っていると。
  • 長時間立ちっぱなしになると。
  • ゴルフでラウンドの後半になってくると。
  • 腰痛がひどくなったとき。
  • 朝方や夕方など冷えるとき。
  • 野外で活動していて冷えたとき。

病院では

  • 椎間板ヘルニアの影響によるものだといわれた。
  • 痛みを抑えるならブロック注射だといわれたが、別の方法で改善したい。
  • ブロック注射を打ったが効果が感じられなかった。
  • ブロック注射で一時的にはラクになったが、また症状が再発した。

なぜ痛くなるか

  • 5個ある腰椎の内の4番目と5番目、その下の仙骨の間から出てお尻を通って 脚全体を支配する神経が坐骨神経。
  • この坐骨神経が、その通り道のどこかで硬くなった筋肉などに圧迫されて、お尻や 脚に痛みやしびれ、だるさなどがでる。

なぜ坐骨神経が圧迫されるか

  • 長時間座ったり立ちっぱなしだったりして、腰の筋肉の血流が悪くなって硬くなり坐骨神経を圧迫する。
  • 立ち姿勢で、いつも片側に重心をかけて立つクセがあり、慢性的に片側の腰の 筋肉を緊張させてしまって坐骨神経を圧迫する。
  • 座り時間が長いとお尻の筋肉に力を入れることが少なくなり、血行不良から筋肉が固まり、坐骨神経を圧迫する。
  • 冷えによって硬くなった腰、お尻、ももなどの筋肉が硬くなって坐骨神経を圧迫する。

椎間板ヘルニアとの関係

  • 椎間板ヘルニアがおこりやすいのは、坐骨神経のでてくる腰椎の4番―5番間、5番―仙骨間。
  • 左右どちらかの斜め後方にとびだした椎間板の中身が坐骨神経に触れたり圧迫したりして坐骨神経痛を出すケースは多い。
  • ヘルニア発症直後の坐骨神経痛は、ヘルニアを原因とするものと思われるが、発症後しばらくしても坐骨神経痛が残る場合、ヘルニアと直接は関係ないことが多い。
  • ヘルニアを発症するまでの原因となった体の使い方や生活習慣を理解し、改善することで症状が軽くなるケースは多い。

どうすればよいか

  • 硬くなって坐骨神経を圧迫している筋肉を緩める。
  • 原因となる体の使い方や生活習慣を改善する。

北千住西口整体院でできることは

  • 腰、お尻、ももなど、硬くなって坐骨神経を圧迫している筋肉を緩めて解放する。
  • 動きの悪くなっている背骨や股関節に動きをつけ、背骨と骨盤のバランスを整える。
  • 左右の片側に負担をかけるクセなどを改善し、弱くなっているお尻や脚の筋力を つけるトレーニングをしていく。
  • 痛みを軽減する体操、姿勢を覚え、痛くなったときにある程度自分でも対処できるようにする。

詳しい説明については、お電話かフォームより、お気軽にご相談ください。

O脚

O脚とは

  • まっすぐ立ったときに、膝と膝の間に隙間ができてしまう脚のこと。
  • 女性に多く、見た目によくないとされるため、直したいと思っている方が多い。

O脚の見た目以外の問題は?

  • 腰痛、脚の付け根の痛み、膝の痛み、脚の冷え、むくみなどの原因になる。
  • O脚の場合、骨盤も前傾していることが多く、背骨のカーブ全体がきつくなる。
  • 将来的に変形性膝関節症になってしまうリスクが高い。
  • 股関節を大きく使って歩けないので、普通に歩いても運動効率が悪い。

O脚の脚はどうなっているのか

  • ももの骨(大腿骨)が股関節のところで内側に回旋するクセにより、膝のお皿が内側を向いている。
  • そこから膝を後方につっぱることにより、さらに膝と膝の間の隙間が広がる。
  • ほとんどの場合、骨盤は前傾し、そのうえに乗る背骨のカーブも強くなる。
  • 親指にはほとんど体重が乗らず、小指側にばかり体重が乗っている。

なぜO脚になるのか

  • 子供の頃から内股がよいと思っていたため、そのクセがついてしまう。
  • 床に座るときにあぐらはかかず、横座りや、正座で膝から下を外にずらした座り方 (とんび座り)をよくしてしまう。
  • ハイヒールを履くことが多く、かかとが上がるために全身が前傾し、腰から上を 反らすことでバランスをとる、反り腰によって骨盤が前傾する。
  • ももが内向き、骨盤前傾という姿勢がクセになることで、ももを外に向ける筋肉で あるお尻の筋力や、骨盤の前傾を抑えるための腹圧が衰えてしまう。

どうすればよいか

  • O脚の原因になっている体の使い方や生活習慣を改善する。
  • お尻の筋肉や内ももの筋肉を緩め、股関節を柔らかくももを外に向けられるようにする。
  • お尻の筋力と内ももの筋力をつけ、O脚でない状態を自然にキープできるようにする。

北千住西口整体院でできることは

  • お尻やももを中心に、腰、脚などの筋肉もトリガーポイントセラピーによって緩め、 股関節や骨盤を動かしやすくする。
  • 自分では動かしづらい方向や角度まで、関節を大きくゆっくり動かして、関節内の 液体の循環をよくし、動かしやすくする。
  • O脚の度合いや、どれくらい時間をとれるかに合わせてO脚を改善する体操を選び、続けていただく。
  • 股関節の動かしやすさ、お尻や内ももの筋力の増え具合、体操をどれくらいできているかなど、 随時チェックし、体操メニューを調整していく。
  • ある程度改善してきたら、上半身も含めた全身の姿勢改善、歩き方の改善をトレーニングし、 O脚にならない生活習慣に慣れていく。

詳しい説明については、お電話かフォームより、お気軽にご相談ください。

膝の痛み

どんな症状

  • 座っていて立ち上がる時に膝が痛い。
  • 階段の上り下りで膝が痛い。
  • 過去に膝の靭帯を伸ばしたことがあり、疲れるとそこが痛む。
  • 長く歩いていると膝が痛い。
  • 腰痛がひどくなると膝も痛くなる。
  • 膝に何か挟まったような違和感が続く。

病院では

  • 骨や靭帯には異常がない。
  • 運動不足だといわれた。
  • 湿布やサポーターをするようにいわれた。
  • ヒアルロン酸の注射を勧められた。

骨や靭帯に異常がないのに、なぜ膝が痛くなるか

  • 膝の曲げ伸ばしで使われる、ももの表側の筋肉「大腿四頭筋」や、裏側の筋肉 「大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋」等が緊張して硬くなり、膝の痛みを出していることが多い。
  • 長時間座りっぱなしなど、腰に負担をかけることで、腰、股関節の筋肉が固まり それを補うために膝関節に負担が集中してくることもある。

なぜももの筋肉が硬くなるのか

  • 座り仕事が長くて歩く時間が少なく、筋肉が適度に動かされていない。
  • 立ち仕事でいつも片側に体重をかけるクセがあり、片足に負荷がかかりすぎている。
  • 体が前傾する姿勢がクセになっていて、常にももの裏がはっている。
  • 膝のお皿が内側向きで、膝を伸ばし過ぎるクセがあり、常にももの筋肉を引っ張った状態 になっている。(O脚の状態)
  • 歩き方が片足にばかり体重をかけていたり、歩幅が小さく、足を高く上げていなかったりして しっかり筋肉と関節が動かされていない。

どうすればよいか

  • 硬くなった筋肉をよく動かして緩める。
  • 問題になっている普段のクセを改善し、膝やももの筋肉に負担をかけない姿勢や歩き方を身につける。

過去にケガをしたところが痛む場合はどうすればよいか

  • 外傷自体は治っていても、一度伸びた靭帯は完全に元通りにはならないので 関節が不安定になり、周りの筋肉に負担がかかりやすくなり、それをかばっていると 逆の膝が痛くなる、ということもある。
  • ももの筋力をつけることで、膝関節を安定させ、定期的に筋肉の緊張をとるケアを することで、痛みの予防をしていく。

変形性膝関節症と言われた場合はどうすればよいか

  • 変形してしまったものは元には戻せないので、今以上に進行させないために 姿勢や歩き方を変えるトレーニングや、筋肉の負担を減らすケアをしていく。

北千住西口整体院でできることは

  • 硬くなって痛みの原因になっている筋肉を探して、緊張を緩めていく。
  • 膝関節のスムーズな動きを改善させるため、足首、股関節、腰の関節など全身のバランスを整える。
  • 原因を作っている立ち方、座り方、歩き方などのクセをみつけ、改善するトレーニングをしていく。
  • 自宅でできる予防体操も取り入れ、長期的なケアをしていく。

詳しい説明については、お電話かフォームより、お気軽にご相談ください。


mainColBottom
営業時間のご案内 平日10?20時 土日・祝日10?16時メールでのご予約はこちらをクリック!

どんな症状でお悩みですか?

症状別に施術方法を紹介

頭・首

  • 緊張型頭痛
  • 片頭痛(偏頭痛)
  • 眼精疲労・目の奥の痛み
  • アゴの痛み・顎関節の異常

肩・腕

  • 肩こり・首こり
  • 四十肩・五十肩
  • 手のしびれ

腰・脚

  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • O脚
  • 膝の痛み

全体・その他

  • 冷え性
  • 不眠
  • 慢性疲労
  • 体の歪み
  • 自律神経の異常
  • 妊娠中の腰痛・肩こり
  • 産後の体調不良・骨盤の違和感
menu_nayamiBottom
北千住西口整体院ブログ 施術の流れ よくある質問 子育てママへ 症例報告
HOME初めての方へスタッフ紹介店内紹介施術の流れ料金表症例別の解説症例報告よくある質問子育てママへ