症状別の解説

腰・脚

腰痛

よくある症状は

  • 慢性的に腰が重い、だるい。
  • 座っていて立ち上がる時に腰が鈍く痛む。
  • 朝起きたときに腰が硬く、動き始めが痛い。
  • 前かがみになると腰が痛い。
  • 仰向けで寝ると腰が浮いて、横向きの方がラク。
  • 硬いイスは大丈夫だが、柔らかいソファーに座っていると腰が痛くなる。
  • 腰が痛いと、お尻やももにも痛みや重さ、だるさがでる。
  • 腰が痛いとき、同時に脚の冷えやむくみも感じることが多い。

病院では

  • 椎間板が薄くなり、骨と骨の間が狭くなっているといわれた。
  • 椎間板ヘルニアで、治したいなら手術だといわれたが、手術はなるべくしたくない。
  • 過去に椎間板ヘルニアの手術をして改善したが、最近また痛くなった。

なぜ痛くなるか

  • 長時間同じ姿勢でいると、筋肉は動かされないので血行不良になる。
  • 血行不良になった筋肉は硬くなり、伸び縮みしづらくなる。
  • そのため筋肉が部分的に縮んでクセになり、さらに血行不良が進行する。
  • そのままでは細胞に酸素や栄養が不足してしまい危険なため、それを知らせるサインがでる。
  • そのサインが痛みやだるさ、重さなどの不快感である。

動きによるもの

  • 腰を丸める前かがみ姿勢を繰り返すと、腰の筋肉が部分的に疲労し、血行不良を促進する。
  • 腰を丸めて重いものを持ち上げる動きは、さらに腰の筋肉の負担が大きい。

立ち姿勢によるもの

  • 普通に立っているときに腹筋を使わず、腰に負担をかける姿勢がクセになっている。
  • 左右どちらかに重心を置くクセが強いと、負担が一点に集中するので、片側の腰に症状がでやすい。

座り姿勢によるもの

  • 背中を丸めて座ると腹筋が縮んで腰の筋肉は引っ張られて固まりやすい。座面の柔らかいソファーだと、沈み込む分、腰の丸まりがさらに強くなり、負担が大きい。

ストレスによるもの

  • ストレスが強いと、自律神経も筋肉を緊張させるので、より症状が強くなる。
  • ストレスによって寝ている間も緊張して力が抜けないことが続くと、朝起きても疲れが 取れず、腰も固まってしまう。

どうすればよいか

  • 硬くなっている筋肉を緩めて伸び縮みできるようにする。
  • 普段と逆の方向に体を動かすことを習慣づけてバランスをとる。
  • リラックスして力が抜ける時間を作って、疲労を溜め込まないようにする。

北千住西口整体院でできることは

  • 背中,腰,腹部,お尻,足など腰の筋肉の動きを制限している部分の筋肉を緩め、血流を改善させていく。
  • 動きの悪くなっている背骨や股関節に動きをつけ、背骨と骨盤のバランスを整える。
  • 腹筋やお尻、ももの筋肉を使った立ち方をトレーニングし、腰の負担を減らす姿勢を身につける。
  • 腰痛の原因になっている動作やクセ、生活習慣を理解し、できるところは改善していく。
  • 定期的に腰を動かす体操を習慣づけ、痛くなったときにある程度自分でも対処できるようにする。

詳しい説明については、お電話かフォームより、お気軽にご相談ください。

実際の症例報告を見る。(ギックリ腰)

実際の症例報告を見る。(坐骨神経痛)

実際の症例報告を見る。(慢性腰痛)


mainColBottom
営業時間のご案内 平日10?20時 土日・祝日10?16時メールでのご予約はこちらをクリック!

どんな症状でお悩みですか?

症状別に施術方法を紹介

頭・首

  • 緊張型頭痛
  • 片頭痛(偏頭痛)
  • 眼精疲労・目の奥の痛み
  • アゴの痛み・顎関節の異常

肩・腕

  • 肩こり・首こり
  • 四十肩・五十肩
  • 手のしびれ

腰・脚

  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • O脚
  • 膝の痛み

全体・その他

  • 冷え性
  • 不眠
  • 慢性疲労
  • 体の歪み
  • 自律神経の異常
  • 妊娠中の腰痛・肩こり
  • 産後の体調不良・骨盤の違和感
menu_nayamiBottom
北千住西口整体院ブログ 施術の流れ よくある質問 子育てママへ 症例報告
HOME初めての方へスタッフ紹介店内紹介施術の流れ料金表症例別の解説症例報告よくある質問子育てママへ