症状別の解説

全体・その他

不眠

どんな症状

  • 布団に入ってもなかなか寝付けない。
  • 眠りが浅く、ちょっとしたことで目覚めてしまう。
  • 早朝に目が覚め、そのまま眠れなくなる。
  • 一度眠りについても、夜中に何度も目が覚めてしまう。
  • 普通に眠ったつもりでも、朝起きると疲れが取れていない。
  • 普通に眠ったつもりでも、眠れた感じが薄く、昼間に眠くなる。

病院では

  • ストレスが原因といわれ、睡眠薬をだされた。
  • しかしなるべく睡眠薬を使わずに改善したい。
  • 特に体の異常はみつからないといわれた。

なぜ睡眠に影響が出るのか

  • ぐっすり眠って疲れをとるためには、自律神経がリラックス状態である必要がある。
  • 睡眠に不具合がある場合は、自律神経が緊張状態のまま、リラックスに切り替われないことが多い。

なぜ自律神経が緊張するのか

  • 普段から長時間のPC、育児、介護、経営などで気を張っていることが多く、 無意識に力が入るクセがついている。
  • 日によって眠る時間や起きる時間が違う不規則な生活のため、自律神経が、緊張していいのか リラックスしていいのか混乱して、緊張に偏ってしまう。
  • 眠る直前までPCやテレビ、携帯電話などを見ているため脳が情報処理のために活発に働いてしまう。
  • 眠る直前に激しい運動をしてしまい、自律神経が、活動をする時間だと思って緊張状態になってしまう。
  • 眠ろうと思っていても、今日の反省や、明日の仕事のことなどを考えてしまって脳が活性化し、 自律神経も緊張状態になってしまう。

どうすればよいか

  • なるべく生活リズムを一定にし緊張する時間とリラックスする時間のメリハリをつける。
  • 眠る前の行動を毎日同じパターンにすることで、自律神経を混乱させないようにする。
  • 熱過ぎない風呂にゆっくりつかったり、温かい飲み物を飲んだり、体が徐々に リラックスできるようにする。
  • 軽めのストレッチやヨガなど、ゆっくり呼吸をしながら行うと自律神経がリラックス状態になりやすい。
  • 目を蒸しタオルで温めたり、リラックスできるアロマオイルを焚いたりするのも効果的。

北千住西口整体院でできることは

  • 施術により自律神経のリラックス神経(副交感神経)を働きやすくし、過剰な緊張状態(交感神経優位) を抑制し、徐々に両者のバランスを整えていく。
  • 歯ぎしりや歯の食いしばりにより硬くなったアゴの筋肉、ストレスで緊張した目のまわりの筋肉、首の筋肉などを緩めることで、全身の緊張を抜けやすくする。
  • 施術により体の緊張が抜けると、その場でぐっすり深い眠りに落ちることがあり、短時間でも疲労の改善を感じやすい。
  • 呼吸の仕方、眠る前のリラックス体操など、できることから生活習慣を変えていく。

詳しい説明については、お電話かフォームより、お気軽にご相談ください。


mainColBottom
営業時間のご案内 平日10〜20時 土日・祝日10〜16時 メールでのご予約はこちらをクリック!

どんな症状でお悩みですか?

症状別に施術方法を紹介

頭・首

  • 緊張型頭痛
  • 片頭痛(偏頭痛)
  • 眼精疲労・目の奥の痛み
  • アゴの痛み・顎関節の異常

肩・腕

  • 肩こり・首こり
  • 四十肩・五十肩
  • 手のしびれ

腰・脚

  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • O脚
  • 膝の痛み

全体・その他

  • 冷え性
  • 不眠
  • 慢性疲労
  • 体の歪み
  • 自律神経の異常
  • 妊娠中の腰痛・肩こり
  • 産後の体調不良・骨盤の違和感
menu_nayamiBottom
北千住西口整体院ブログ 施術の流れ よくある質問 子育てママへ 症例報告
HOME初めての方へスタッフ紹介店内紹介施術の流れ料金表症例別の解説症例報告よくある質問子育てママへ