ヒールと腰痛

ヒールと腰痛の関係とは?

『靴』が幸せになれる場所へ連れて行ってくれる、だから女の子は素敵な『靴』を履くと幸せが訪れる

 ヨーロッパにはこんな言い伝えがあります。
今日は女性の必需品『ヒールと腰痛』の関係をお伝えしたいと思います。

■ハイヒールを履くと腰痛になる?

ヒールを履くとかかとが上がる分、カラダは前に倒れようとし、そのまま倒れないように腰を後ろに反らして無意識にバランスを取っています。
この状態が『反り腰』です。
これは無理矢理反らしている状態で、腰~背中、そしてお尻の筋肉がずっと緊張(収縮)したままになるので、筋肉は疲労し固くなって痛みを出します。
またヒールは猫背膝を少し曲げた状態で歩きやすく、それも腰痛を引き起こします。

ヒールでの悪い歩き方

 

でも仕事柄ハイヒールを履かなくてはいけない! 今日のコーデにヒールを履きたい!
という方も多いと思います。
そこで腰痛になりにくい歩き方をお伝えしたいと思います。

 

腰痛になりにくいヒールでの歩き方とは?

腰痛にならない為には履く前と後にストレッチを行う事がベストですが、毎回出来ないという方の為に、今日は腰痛になりにくいヒールでの歩き方お伝えします。

まず、ヒールを履くとカラダが前のめりになります。
そのまま倒れないように腰を反ったり、背中と膝を丸めながら歩いたりします

この時、骨盤は後ろ(反り腰)や前に傾いている(猫背)状態で腰や股関節に負担をかけてしまっています。
正しい立ち姿勢

なので腰を痛めない為には、骨盤を真っすぐにする意識を持つと良いですね。

骨盤を真っすぐにする2つのポイントとは?

☆ポイントは☆

  1. 反り腰になっている方はお尻を前に出すように歩く
  2. 猫背気味になっている方はお尻を後ろに出すように歩く
  3.  ①と②はお尻に力を入れると保ちやすいです

自然と姿勢も良くなり、若々しく綺麗に見えますよ。