不眠症について

寝不足の男性

こんなお悩みはありませんか? 

  • 布団に入ってから寝るまでに数時間かかる
  • いくら寝ても朝すっきりと起きられない
  • ようやく眠れたと思っても細かい睡眠で何度も目が覚めてしまう
  • 3時間以上まとめて眠れない
  • 普通に眠ったつもりでも、眠れた感じが薄く、昼間に眠くなる
  • 導眠剤なしでも眠りたい

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

不眠の原因

不眠症を引き起こす原因は以下のようなものがあります。

生活リズムが不規則

  • 仕事で早番や夜勤があったりとシフト制で睡眠の時間が不規則になる
  • 子育て中で夜泣きがあり昼夜逆転している
  • 仕事が忙しく食べる時間がバラバラになり寝る前に食事をとる
  • 休みの日は一日だらだらと寝てしまい、夜眠れなくなる

生活リズムが崩れることにより自律神経のバランスも乱してしまいます。

バランスが崩れると、になってもリラックスする神経に切り替わらず、脳が活性化されて興奮状態が続きます。
結果、眠ることが難しくなり長期的な不眠症へとなってしまいます。

眠る直前までスマートフォンを見てしまう

人間の体や脳は日中、日の光を浴びている時に活発に働くようになっています。
スマートフォンのブルーライトは日光の光に近く、それを眠る前に長時間見ていることで

「今は活動の時間なんだ!」

脳が錯覚を起こしてしまいます。

スマートフォンを見ている時は、欲しい商品を調べたり、ゲームや動画など自分に興味があるものなので、つい集中して見入ってしまいます。

この時の脳は凄く興奮して活性化されており、とても眠りにつくような状態ではなくなっているのです。

眠る前に考え事をしてしまう

布団に入ってから今日の反省や明日のスケジュールなどを考えてしまうと、思考が止まらなくなり脳の働きが活発になります。

その結果、脳が興奮状態となって、寝付くまで時間がかかり不眠となります。
気になってしまうのは仕方ないのですが、できれば心配事は日中に考えることをお勧めします。

または毎晩15分~30分程度、現実と切り離す時間を作ることがお勧めです。

具体的には・・・
・1点を見つめてボーっとする
・好きなアロマの匂いを嗅ぐ
・好きな音楽を聴く
・湯舟につかる
・軽いストレッチをする

アルコール摂取量が多い

アルコールは適量であれば効果的にリラックスさせたり、体温をあげて眠りにつきやすくさせます。

ですが量が多いと活動神経が優位になり眠りを浅くさせ、夜中に頻繁にトイレに行くようになります。

また寝ている間もアルコールを分解させるために内臓は休まずに働いているので、そのうち内臓疲労に繋がってきます。

なので質の良い睡眠をとるためにも、お酒は適量とするのがよいのです。

不眠や睡眠不足による影響

不眠や睡眠不足は健康にも大きな影響を与えます。

夜に十分な睡眠をとれていないと日中に強い眠気に襲われ物事に集中できません。

毎日の睡眠が6時間を切ると慢性的な寝不足となり、体が疲れやすくなったりイライラすることも増えて集中力も失います。

また寝不足になると食欲が増し肥満の原因にもなります。
肥満体質になると高血圧になったり動脈硬化脳卒中になるリスクを高めてしまいます。

なので、このような生活習慣病を引き起こす前に睡眠環境を整える必要があります。

不眠症や寝不足に対して効果的な方法

  • なるべく生活リズムを一定にし、緊張する時間とリラックスする時間のメリハリをつける
  • 眠る前の行動を毎日同じパターンにすることで、自律神経を混乱させないようにする
  • 熱過ぎない風呂にゆっくりつかる、温かい飲み物を飲む、など体が徐々にリラックスできることをする
  • 軽めのストレッチやヨガなど、ゆっくり呼吸をしながら行うと自律神経がリラックス状態になりやすい
  • 目を蒸しタオルで温めたり、リラックスできるアロマオイルを焚いたりする

北千住西口整体院でできる不眠症対策の施術

施術により自律神経のリラックス神経(副交感神経)を働きやすくしながら、過剰な緊張状態(交感神経優位)を抑制して、徐々に両者のバランスを整えていきます。
主に背中や首、肩周りの緊張が強いケースが多いので重点的にほぐすことにより効果を上げます。

首への手技

歯ぎしりや歯の食いしばりにより硬くなったアゴの筋肉、ストレスで緊張した目のまわりの筋肉、首の筋肉などを緩めることで、全身の緊張を抜けやすくさせます。

顎の手技

施術により体の緊張が抜けると、その場でぐっすり深い眠りに落ちることがあり、短時間でも疲労の改善を感じやすくなります。最後に呼吸の仕方、眠る前のリラックス体操など、できることから生活習慣を変えていく方法をお伝えします。

座り方説明

眠れないという状況は、かなり辛いと思います。
体も疲れやすいし「今日も眠れなかったらどうしよう」など不安な日々が毎日続くと精神的にもまいってしまいます。

このよう不眠症でお悩みになっている方も北千住西口整体院の施術を受けてよくなられたケースも沢山みております。

あなたも長引く辛い不眠症でお悩みでしたら確かな技術と知識のある当院にご相談ください。