産後の体調不良・骨盤の違和感

どんな症状

  • 出産後、骨盤が開いたまま戻らない感じで、体型が妊娠前に戻らない。
  • 抱っこが多いためか、肩から腕、手首が痛くなる。
  • しゃがむことや前かがみが増え、腰が痛い、伸びない。
  • 子供に合わせた生活でいつも寝不足。疲れがとれない。

骨盤の開きについて

出産時には、赤ちゃんが通る産道を広げるため、リラキシンというホルモンの働きで骨盤まわりの靭帯が緩まり、一時的に骨盤が広がります。

このため出産後も骨盤は広がったままと思われがちですが、実際はリラキシンの分泌も止まるので、骨盤は妊娠前の状態に戻ります。

ではなぜ開いたような感じがするのか

妊娠中はお腹が前に膨らんで腰が反り腹筋とお尻の筋力を使わない姿勢になっていきます。

その姿勢がクセになり、産後も骨盤が前傾したまま体が固まります。

産後の骨盤前傾

 

骨盤が前傾すると、骨盤にくっついている股関節の大転子が横に広がるので、骨盤が開いたままのように感じてしまいます。

産後、今まで履けていたズボンが入らなくなるのはこういった理由からです。

大転子

 

どうすればよいか

  • 縮んで硬くなっている腰からお尻、ももの筋肉を緩めて動かしやすくします。
  • 腹圧、お尻の筋肉の使い方を覚え、姿勢改善のトレーニングを行います。

北千住西口整体院でできることは

骨盤の違和感に関しては、どんなクセができているのかを検査によって把握し、筋肉の緊張をとって、背骨も含めた骨盤まわりの関節の動きを改善させる。

姿勢チェック

抱っこによる肩から腕、手首の痛みもほとんどが筋肉の過剰な負担による緊張からくるもの。固くなっている筋肉を緩めて関節の動きも改善させることでラクにする。

肩甲骨への手技

動かしやすくなったところで、腹圧、お尻の筋力の使い方など、クセを解消する姿勢トレーニングをすることで、見た目にも体にも良い姿勢を身につけていく。

 

体操

寝不足で疲れがとれないことは、常に精神的に緊張していてリラックスする時間がとれないことが大きく影響している。施術により緊張を解いて、心身ともにリラックスさせる時間を作ることでケアしていく。

術後カウンセリング