花粉症からくる頭痛の対策

昨日は花粉が体内に入ると、花粉を外敵とみなして鼻水や涙で出そうとし、 またその二次症状として頭痛、肩こり、倦怠感などを引き起こす事をお伝えしました。

花粉症の二次症状

原因としては『鼻詰まりによる脳内の酸欠』から起こります。
なので体を酸欠にしない工夫が必要なのです。

また自律神経を乱しがちなので、こういう時こそ、 規則正しく、睡眠・食事・運動をして体を優しくしてあげる事が大切です。

とは言うものの、普段の日常生活ではなかなか難しいですね。

手軽に出来る方法としては、

鼻や首を温める

これは温かいモノを食べると鼻水が出る現象と同じです。
ホットタオルなどで鼻や首を温めると、各部位の毛細血管まで血流が流れ込み、 鼻づまりも解消し自律神経の乱れも防ぐことができます。

ホットタオルが身近に無い時は、

ツボ

左右の人さし指を約30回こすり合わせて温めてから、 鼻筋の両側を「睛明」から「迎香」まで上下にさすります。
または各部位を押すのも良いですよ☆

花粉に効くツボ